ラッセル(RUSSEL)とは

登山用語のひとつであり、雪山登山の際に雪をかき分けて、道を切り拓きながら進むことを言います。

誰かが作ってくれた道の上を行くのではなく、まだ道になっていない道を自分の力で切り拓き、しっかりと踏み固めていく。

自分の道を進んでいく時、先頭に立っているのは、他の誰でもなく自分です。

その姿を、私が大切にしたい思いである「自分の人生を、自分で決めて生きていく」ということと重ねています。

_

そして、道を切り拓いていく人の背中を見て、次の世代の人がついていく。

やがて同じように自分の力で道を切り拓き、自分の人生を生きるようになる。

そんな、自分の人生を生きるという循環が続いていくように、という思いも込められています。

あなたのお話を聴かせてください

「自分の人生を、自分で決めて生きていく」ということは、決してラクなことではありません。

・自分は、どんな風に生きたいのか、見失ったしまった。。
・ひとりでは、自分の人生に立ち向かえない。。

そんな思いが湧いてきた時は、一度私にあなたのお話を聴かせてください。

うまくまとめて話す必要はありませんし、どんなことでも話していただいて大丈夫です。

私は、自分の人生と本気で向き合うあなたの味方です。

あなたが、自分に自信をもって人生を切り拓いていくことができるように、私が全力でサポートします!